柴野です。いつも購読有り難うございます。

 

2月という月は、たった3日違いなのに、時間の経過を早く感じてしまいます。

時間は、お金を積んでも取り戻せないからこそ、1分1秒を大切に過ごしていきたいと思います。

 

今日は、自動ツールを否定する浅はかな人達を話題に書いてみます。

 

自動ツールを否定する人達

 

私は自動ツールを使っても 稼げないと、堂々と言われる人が
居るのですが、断言する人と、使い方次第では、… そういう発想を
する人で分かれます。

 

私は、常に後者で、過去には、前者でしたが
改めて考え方が、変わりました。

それは、実際に自動ツールで数字が伸ばせる経験ができたからに
他ありませんが、自分でオリジナルで下手糞な記事を書き続けるより
任せられる部分はシステムに任して 自分は、その自動ツールの
欠点を補う側に回ろうと考えるようになりました。

 

どれだけ素晴らしいビジネスマンでも欠点は、持ち合わせています。

 

そしてその欠点を一つ一つ利点に変える事で
ステージもどんどん高くなる。

 

自動ツールも同じです。

 

視点を変えて見る事ができない人は、必ず破綻する。

私の収入は、トップアフィリエイターよりは、少ない金額で
笑われる方も多いと思います。

 

ただ、自分の欠点を見いだし利点に変える事で、
収入は大きく伸びてきました。

 

自動ツールは、個人のステージの違いで
欠点が見える部分もありますし、利点が見える場合もある。

 

そしてその欠点を利点に変えていく事こそが、唯一の
醍醐味でも有り、成長の瞬間なのです。

「自動サイト構築ツール」の本当の醍醐味を知る。

 

自動ツールを使えば、
ビジネスでは、一番面白い戦略部分を軸にして
記事を書く などの一番大変な部分を省略しながら
展開していけるのです。

 

にもかかわらず、コンテンツに面白味が無いとか
コンテンツには、文章が大事とか、そういうことは、
誰でも今のネット業界の人なら嫌という程聞いてる話なんです。

 

ここでも書いているように、

ASPの情報を元に作られる自動サイト構築ツールの評価

 

よく言われる,「皆が同じになる」という懸念に関しても、
「仮にそうだったとしても可能性があるのでは、ないか」という
追求で学べる事は、数多くあり 上記記事のように、
「例えそういうものでも収益に結びつけられる」と書きましたが
まさにこれは、初歩的な典型なのです。

 

だから私は、他人のコピペサイトでも
誰にどのように見せるのか?だけでもお金が稼げる事を
確信しています。

 

多くは、コピペサイトは検索に嫌われると、定義した上で
稼げないと結論付けする人が多いのですが、それは検索訪問者のみを
意識した考えであって 実際にそのコピー元サイトが、収益を伸ばしていて
コンテンツが充実していたと仮定すれば、その他に入り口を作る事で、
コピー元サイトの存在すら知らない人をコピーサイトに集める事ができるのです。

 

属性によりけりですが、属性が似ていれば、
同じように売り上げを高める事ができるのです。

 

ただ、一つの懸念だけを表明して否定しかできない人と
あらゆる可能性を見いだせる人とでは、天国と地獄の差が
出てくるのです。

 

ご理解頂けましたか?

 

では、柴野でした。